告知義務について

ご契約にあたり、健康状態などについて告知をしていただく必要があります。

ご契約者や被保険者には健康状態などについて告知をして頂く義務(告知義務)があります。

生命保険は多数の人々が保険料を出しあって相互に保障しあう制度です。したがって、初めから健康状態の悪い人や危険な職業に従事している方などが無条件で契約されますと、保険料負担の公平性が保たれません。

そこで、ご契約に際しては、過去の傷病歴(傷病名・治療期間等)、現在の健康状態、身体の障害状態、職業などについて書面(「告知書」)でおたずねし、この内容等にもとづいてご契約をお引受けできるかどうかを決めさせていただいています。

ご契約に際しては、被保険者の健康状態、ご職業等について当社所定の書面(「告知書」)で当社がおたずねすることについて、被保険者ご本人が、事実をありのままに正確にもれなく、その書面(「告知書」)にご記入いただきお知らせ(告知)ください。

当社の指定した医師が、被保険者の健康状態等についてお尋ねすることがありますので、その場合についても同様にありのままを正確にもれなく、その医師にお伝えいただくとともに、告知書面へ必要事項をご記入(告知)してください。