生命保険信託

お客さまが保険に込めた「想い」を確実に実現するために

お約束した保険金をお客さまに確実にお支払いすることは、生命保険会社として最も大切なことです。ご加入後も、ライフプランナーはお客さまの状況の変化に応じて保障のメンテナンスを行い、お客さまに寄り添い続けます。

保険金をお届けした「その後」までも、お客さまをサポートしたい

これまで多くのお客さまに保険金をお支払いしてきた中で、お支払いした保険金が必ずしも故人(ご契約者さま)の意図した通りに使われないケースもありました。

特に、保険金の受取人が未成年で親権者がお一人の場合や、保険金受取人であるお子さまに障がいがある場合では、受け取った保険金の財産管理について不安が残るとの声がお客さまから寄せられていました。

このようなご要望を受けて、当社は三井住友信託銀行(当時中央三井信託銀行)との提携を通じて生命保険信託を日本で初めて共同開発し、 2010年7月よりご案内を行っています。

また、プルデンシャル生命の100%子会社として「プルデンシャル信託株式会社」を設立し、2015年10月より営業を開始しました。これにより、生命保険信託をより多くの方にご利用いただくことを目指しています。

生命保険信託について

生命保険信託は、生命保険の「財産創出機能」と信託の「財産管理機能」を組み合わせた信託商品です。本商品を利用いただくと、死亡保険金について、信託を通じて交付相手や方法・用途などをあらかじめ柔軟に設計することができるようになります。

当社は生命保険信託のご案内を通じて、保険金をお届けした「その後」まで、お客さまにトータルな安心をお届けします。

生命保険信託の仕組みと主な利用ケース

生命保険信託は、主に次のようなご要望をお持ちのお客さまにご利用いただけます。

  1. 1幼い子供や心身の障がい、高齢などの理由により財産管理に不安のある家族や親族などのために、財産を確実に管理・保全しながら、生活資金や学費などその家族や親族などが必要とするときに必要な資金を受け取ることができるようにしたい。
  2. 2法定相続にとらわれることなく、自分が経済的に支援したい人のために財産を活用できるようにしたい。
  3. 3自分が亡くなった後も、一定期間、社会・公益のために財産を分割して寄付していきたい。

生命保険信託の仕組み

生命保険信託の仕組み

プルデンシャル生命は、プルデンシャル信託株式会社および三井住友信託銀行株式会社の信託代理店です(信託契約代理店業務の種類:媒介)。
信託契約につきましては、プルデンシャル生命は、お客さまとプルデンシャル信託、三井住友信託銀行との間で契約の媒介のみを担当し、信託契約の引受けを行うのはプルデンシャル信託、三井住友信託銀行となります。

LNB リビング・ニーズ特約 FNB 保険金即日支払いサービス DNB 骨髄ドナー給付サービス 生命保険信託

コンサルティング・資料請求のご相談

保険契約・人生設計のコンサルティングはお電話にてお受けしております。

カスタマーサービスセンター
0120-810740
受付
時間
平日 8:00~21:00
土・日・祝日 9:00~17:00(元日を除く)

Pru-2017-03-0023 2017年4月3日