法令等遵守(コンプライアンス)態勢

プルデンシャル生命は、コンプライアンスの徹底をお客さま・社会からの信頼に応えるための重要な経営課題と考え、さらなるコンプライアンス態勢の充実に向けて取り組んでいます。

法令等遵守に関する取り組み

(1)コンプライアンス委員会の設置

全社的に法令等遵守態勢を監督・推進するための組織として、コンプライアンス委員会を設置しております。コンプライアンス委員会は、チーフ・コンプライアンス・オフィサー(法令等遵守担当役員)を委員長とし、複数の執行役員を委員として任命し、構成されています。

(2)コンプライアンス・オフィサーの配置

全社的な法令等遵守態勢の推進責任者として、チーフ・コンプライアンス・オフィサーを設置しています。この制度は、当社のみならず、世界中のプルデンシャル・グループで採用されているものです。さらに、支社ならびに本社部門にコンプライアンス・オフィサー(法令等遵守推進担当者)を配置しています。

(3)内部監査・自主監査の実施

支社・本社部門などの各組織から独立している監査チームによる社内監査において、法令等遵守状況をチェックしているほか、支社においては毎月の支社自主監査においても法令等遵守状況をチェックしています。

(4)プルデンシャル倫理行動規範と倫理委員会

「プルデンシャル倫理行動規範」を全社員に配付して倫理基準の徹底を図るとともに、本内容の実効性を確保するための組織として、倫理委員会を設置しています。倫理委員会はチーフ・ビジネスエシックス・オフィサーを委員長とし、チーフ・コンプライアンス・オフィサーなど複数の執行役員を委員として任命し、構成されています。

(5)社内各委員会の活用

投資委員会、システム委員会、懲戒委員会などの社内委員会を通じて、諸活動のコンプライアンスについて常にチェックしています。

法令等遵守に向けた教育・啓蒙

当社は、コンプライアンスの徹底については、社員一人ひとりの意識・行動が最も重要と考えます。全社員に向けて行動基準を定めた「コンプライアンス・マニュアル」を制作しているほか、継続的に研修を行っています。これらについては、法令等の制定、改廃等を踏まえて適宜改定し、社内におけるコンプライアンスの周知徹底を図っています。