ライフプランナーについて

お客さまインタビュー

子供たちの成長を通した社会貢献を

西日本に77校もの教室を展開する田中学習会の創業者である田中会長が、プルデンシャル生命の保険に加入されて今年で28年。担当の平石ライフプランナーとの思い出や今後の事業の展望についてお話を伺いました。

震災と向き合い、石巻に根ざした活動を続ける女性たちとともに

NPO法人 石巻震災支援ネットワーク「やっぺす!!」代表理事・兼子佳恵さん、副代表理事・萱場祐子さんの二人に、担当ライフプランナー武田との出会い、やっぺすの活動と被災地石巻の今について伺いました。

家族だけでなく、自分の夢をかなえるために。

小野さまは、76歳を迎えた2015年8月に肺がんで余命宣告を受け、11月にリビング・ニーズ特約(以下、LNB)を受け取られました。

「身近にいてくれる」安心感が家族を救ってくれた

お客さまが突然の難病におかされた----重大な局面に向き合ったとき、お客さまをお守りするために何ができるか?家族のように必死に、お客さまと誠実に向き合ってきたなかで築いたYさんとの信頼関係。お二人に当時の様子を伺いました。

駆けつけてくれる人がいる安心感と頼もしさを感じています。

医院を経営する双子の新妻先生と湯山先生は、ライフプランナーの瓜生さんに再会したことが人生設計を行うきっかけになったそうです。保険に入られたことで、何かお気持ちに変化はあったのでしょうか。

車いすで踏み出した新しい一歩。保険金が夢を叶えてくれました。

地元を活性化させようと事業を立ち上げ軌道に乗り始めた矢先、大塚さんは大きな試練に襲われます。「一生、車いす生活です」と宣告された大塚さんに、伊藤ライフプランナーが行った提案とは。逆境をばねに、夢をつかんだ大塚さんにお話を伺いました。

ここまでやるか!の連続。境界線を引かない付き合いが信頼を生む

歯科医院を経営している平野先生。同じく歯科医院を開業していた義理のお兄さまが突然この世を去り、保険金支払後も矢澤ライフプランナーは医院再開のため奔走したそうです。以来10年以上の付き合いとなる先生にライフプランナーとはどのような存在かを伺いました。

理念や価値観に共感できる。だから、長くお付き合いできる

前職はMRとして活躍し、ライフプランナーに転身後は年間平均250人との出会いを通じて「新たな価値観、生き方を学んできた」と語る横内さん。歯科医師・海野さんは横内さんを「尊敬し合える仲」と語ります。互いの信頼関係はどのように形成されたのでしょうか。

  • ライフプランナーの使命
  • MDRT会員となること
  • お客さまからのメッセージ