変額保険ディスクロージャー資料

変額保険に関する最新の運用状況をお知らせします。
詳細はPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

※新たに変額保険のお申込みをご検討されている方へ、ご注意いただきたい事項がありますので、必ず下記の「変額保険に関するご注意」をご参照ください。

また、最新の特別勘定ユニットバリュー情報をウェブサイト上で確認することができますのであわせてご覧ください。

最新の運用状況

(4420kb)変額保険ディスクロージャー資料 2019年7月

追補資料もご確認ください。

特別勘定ユニットバリュー情報

特別勘定ユニットバリューの情報をウェブ上で確認することができます。
日次更新される特別勘定ユニットバリューの情報は、こちらからご覧ください。

ユニットバリューの推移

(1262kb)UVのお知らせ(2019年9月1日)

追補資料もご確認ください。

過去の運用状況

追補資料もご確認ください。

変額保険決算(年次)

(4638kb)2017年度 変額保険(特別勘定)の現況

追補資料もご確認ください。

ご注意事項

変額保険について、特にご注意いただきたい事項がありますので、必ずご一読ください。
なお、特定保険契約に付加される特約のうち、一般勘定で運用されるもの(医療保障等)に関する費用については、特定保険契約とは別に費用が生じます。

運用リスク

変額保険は、特別勘定の運用実績に応じて保険金額や解約返戻金額が変動する*1仕組みの保険です。特別勘定に属する資産の運用実績に影響を与える指標としては、金利、為替レート、株価、債券価格、その他の有価証券相場等があります。

変額保険は、運用実績が保険金額や解約返戻金額に反映され、積立金がこれらの指標の変動による影響を受けるため、運用リスクがあります。したがいまして、株価の下落や金利の上昇および信用悪化に伴う債券価格の下落、為替の変動(主に円高)などにより、解約返戻金額がお払い込みいただいた保険料の合計額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれ*2があります。この保険に関する運用リスクは、ご契約者または受取人に帰属します。

お客様が繰入比率の変更や積立金の移転を行われた際には、選択された特別勘定の種類によっては基準となる指標やリスクの種類が異なることとなります。

  1. *1特約の保険金額・給付金額は主契約と異なり変動することはありません。
  2. *2解約返戻金に最低保証はありません。

ご契約に係る諸費用

本商品に係る諸費用の合計額は「保険関係費用」「運用関係費用」「年金で受取る場合の費用」「解約控除」を合算した額となります。

【保険関係費用】

お払込みいただく保険料のうち、その一部は保険契約の締結・維持・死亡保障等に係る費用等に充てられ、それらを除いた金額が特別勘定で運用されます。また、ご契約後も定期的に保険契約の締結・維持、死亡保障等に係る費用等が控除されます。なお、これらの費用については、契約年齢等によって異なり、保険期間中も変動するため、その数値や計算方法を記載することができません。

【運用関係費用】

各特別勘定から特別勘定の運用により発生する費用等が控除されます。信託事務の諸費用等、有価証券の売買委託手数料および消費税等の税金がかかり、お客様が間接的にこれらの費用を負担していることになります。また、これらの費用は発生前に金額や割合を確定することが困難なため表示することができません。

【年金で受け取る場合の費用】

特約を付加することにより、保険金・解約返戻金を年金で受け取る場合、年金開始日以後、受取年金額に対して1.0%(2019年6月現在)を年金受取日の年金原資より控除します。

【解約控除】

契約日から10年未満かつ保険料払込期間中に解約・減額等をした場合、計算基準日の前日末における積立金額から、経過年数に応じた所定の金額(解約控除)を控除した金額が解約返戻金額となります。なお、解約控除の金額は契約年齢・性別・保険料払込期間・保険金額等により契約ごとに異なるため、その数値や計算方法を記載することができません。

Pru-2019-05-0359 2019年7月31日登録