具体例

2012年以降の所得税の控除額について具体例を紹介します。
(なお、具体例に記載している保険料は仮定の数字です)

ケース1:旧制度対象契約のみ加入

契約日
2011年
主契約
終身保険(年間保険料:12万円)

⇒旧制度・一般

特約
無解約返戻金型新入院総合保障特約(年間保険料:6万円)

⇒旧制度・一般

  旧制度 新制度
年間保険料 控除額 年間保険料 控除額
一般

18万円

5万円

-

-

介護医療

-

-

-

-

個人年金

-

-

-

-

ケース2:新制度対象契約のみ加入

契約日
2012年
主契約
終身保険(年間保険料:12万円)

⇒新制度・一般

特約
無解約返戻金型新入院総合保障特約(年間保険料:6万円)

⇒新制度・介護医療

  旧制度 新制度
年間保険料 控除額 年間保険料 控除額
一般

-

-

12万円

4万円

介護医療

-

-

6万円

3万5000円

個人年金

-

-

-

-

ケース3:新旧両制度対象契約に加入(1)

契約1

契約日
2011年
主契約
終身保険(年間保険料:12万円)

⇒旧制度・一般

特約
無解約返戻金型新入院総合保障特約(年間保険料:6万円)

⇒旧制度・一般

契約2

契約日
2012年
主契約
定期保険(年間保険料:12万円)

⇒新制度・一般

特約
無解約返戻金型新入院総合保障特約(年間保険料:6万円)

⇒新制度・介護医療

契約3

契約日
2011年
主契約
個人年金保険(年間保険料:12万円)

⇒旧制度・個人年金

  旧制度 新制度
年間保険料 控除額 年間保険料 控除額
一般

18万円

5万円

12万円

4万円

介護医療

-

-

6万円

3万5000円

個人年金

12万円

5万円

-

-

ケース4:新旧両制度対象契約に加入(2)

契約1

契約日
2011年
主契約
新医療保険(年間保険料:5万円)

⇒旧制度・一般

契約2

契約日
2012年
主契約
終身保険(年間保険料:12万円)

⇒新制度・一般

特約
無解約返戻金型新入院総合保障特約(年間保険料:6万円)

⇒新制度・介護医療

契約3

契約日
2011年
主契約
個人年金保険(年間保険料:12万円)

⇒旧制度・個人年金

  旧制度 新制度
年間保険料 控除額 年間保険料 控除額
一般

5万円

3万7500円

12万円

4万円

介護医療

-

-

6万円

3万5000円

個人年金

12万円

5万円

-

-

ケース5:旧制度対象契約に、2012年以降特約を中途付加

契約

契約日
2011年
主契約

終身保険

特約

無解約返戻金型新入院総合保障特約

に、無解約返戻金型がん入院特約を中途付加(中途付加日2012年7月)。

2012年1月~6月の払込保険料

終身保険

6万円⇒旧制度・一般

無解約返戻金型新入院総合保障特約

4万円⇒旧制度・一般

2012年7月~12月の払込保険料

終身保険

6万円⇒新制度・一般

無解約返戻金型新入院総合保障特約

4万円⇒新制度・介護医療

無解約返戻金型がん入院特約

4万円⇒新制度・介護医療

  旧制度 新制度
年間保険料 控除額 年間保険料 控除額
一般

10万円

5万

6万円

3万5000円

介護医療

-

-

8万円

4万円

個人年金

-

-

-

-