ITの仕事

会社の攻めと守りを担う屋台骨 IT部門

生命保険会社はお客様にお約束した将来の保障(保険金のお支払い)を全うするため、長期に亘りご契約情報をお預かりしています。IT部門はこれら大切な情報を安全確実に管理していくことを最優先としながら、プルデンシャル最大の特徴であるライフプランナー制度を支え活かすため、数多くのシステムを整備・構築・運用しています。
一方、金融業界においてFinTechやデジタル化といったITを活用したイノベーションが進展している中、プルデンシャル生命が革新者のジレンマに陥ることなく更なる変革を続けていくため、IT部門は新たなIT価値を創出し会社戦略の遂行に貢献していくことも命題としています。

事業会社のIT部門で働くということ

  • ユーザー部門とパートナー企業(開発や運用業務の委託先)の間に立ち、会社戦略に基づく施策を実行する中心的な役割を担います。
  • 様々な部門との協業を通じ会社業務全体を横断的、俯瞰的に見ることができます。
  • ビジネスとIT双方の知識とスキルを磨きながら経験を積むことができます。また、ITの世界は大きな変革期にありチャレンジングな環境といえます。

プルデンシャル生命におけるIT部門の主要業務

  • システム企画
    • システム戦略立案、システムアーキテクチャ統括、システム投資・予算管理など
  • システム開発
    • 自社システム保守、改修、新規構築、開発管理など
  • システム運用
    • 自社システム運用、インフラ環境構築など
  • システム統制
    • システムリスク管理、サイバーセキュリティ強化など
  • クリックすると別ウィンドウが立ち上がります

スタッフからのメッセージを見る