アクチュアリーの仕事

保険数理のスペシャリスト アクチュアリー

生命保険会社は人の生命に係わるさまざまなリスクに備える「保障」を提供しています。 なかでも生命保険事業の大きな特色は、数十年もの長期に渡って将来の保障(保険金のお支払い)をお約束することといえます。

「顧客の一人一人が経済的な保障と心の平和を得ることができるように、最高のサービスを提供する」というプルデンシャルのミッションを実現していくためには将来にわたって収支のバランスを保つと同時に、生命保険を取り巻くさまざまな環境変化にも耐えうる合理的で健全な会社経営を継続していくことが重要です。長期的な、そして質を伴った健全な経営をもってはじめて、私たちはお客さまへの保障責任を全うすることとなるのです。

こうした中、会社の健全性を保ち、保険金等の支払能力を確保するために統計的手法、幅広い知識をフルに用いて業務に携わるのがアクチュアリーです。会社全体の収支分析や責任準備金(将来における保険金等の支払に備える準備金)等の計上・保険料の算定等の業務を通じて、数理のスペシャリストとしての活躍の場がここにはあります。

プルデンシャル生命におけるアクチュアリーの主要業務

会社の健全性確保・保険金等の支払い能力の確保

  • 将来の保険金等の支払いに必要な準備金(責任準備金・支払備金)算出
  • 同様な準備金をUS GAAP(米国基準)においても算出
  • 上記準備金が、将来の保険金等の支払いに十分であるかのチェック

収益構造の分析

  • シミュレーションを通じた会社の収支状況チェック、収益構造分析

商品開発業務

  • 統計的手法による死亡率、給付率等の発生率作成、収入と支出のバランスが保たれる保険料率の設定

アクチュアリー資格試験について

アクチュアリーに必要な専門知識および問題解決能力を有するかどうかを判定するために設けられているのが、社団法人 日本アクチュアリー会の行う資格試験です。

資格試験は第1次試験(基礎科目)および第2次試験(専門科目)からなっており、第2次試験に合格し、理事会の承認を得た者には日本アクチュアリー会正会員の資格が与えられます。

  • クリックすると別ウィンドウが立ち上がります

スタッフからのメッセージを見る