告知にあたって

告知義務違反について

告知いただく内容について、故意または重大な過失によって事実を告知しなかったり、事実と違うことを告知しますと、当社は、「告知義務違反」として、ご契約または特約を解除することがあります。

告知いただく事柄は、告知書に記載してあります。もし、これらについて故意または重大な過失によって、事実を告知しなかったり、事実と違うことを告知した場合、ご契約または特約が解除あるいは取消となることがあります。

告知義務違反による解除

  1. 責任開始日または復活日から2年を経過していても、保険金や給付金の支払事由等が2年以内に発生していた場合には、ご契約または特約を解除することがあります。
  2. ご契約をまたは特約を解除した場合には、たとえ保険金や給付金などをお支払いする事由が発生していても、これをお支払いすることはできません。また、保険料の払込を免除する事由が発生していても、払込を免除することはできません(ただし、「保険金・給付金等の支払事由または保険料の払込免除の事由の発生」と「解除の原因となった事実」との因果関係によっては、保険金・給付金等をお支払いまたは払込を免除することがあります)。この場合には、解約の際にお支払いする返戻金があればご契約者にお支払します。

詐欺による取消

  1. 告知義務違反による解除以外にも、ご契約または特約の締結状況等により、保険金・給付金等をお支払いできないことがあります。例えば、「現在の医療水準では治癒が困難または死亡危険の極めて高い疾患の既往症・現症等について故意にお知らせいただけなかった場合」等、告知義務違反の内容が特に重大な場合、詐欺による取消を理由として、保険金・給付金等をお支払いできないことがあります。
  2. 告知義務違反による解除の対象外となる2年経過後にも取消となることがあります。
  3. この場合、すでにお払い込みいただいた保険料はお返しいたしません。

ページの先頭へ