災害支援

プルデンシャル生命では大きな自然災害がある際に、社員からの募金をとりまとめて義援金としてお送りしております。さらに、社員からの募金には、その総額と同額を当社からも義援金としてお贈りしています(マッチング寄付)。さらにケースによっては、プルデンシャル財団※1からも、社員からの寄付金にマッチングして関連する団体に義援金としてお贈りしています。

2019年 令和元年台風15号&19号災害及び10月25日大雨洪水における災害 支援 
総額 3,747,620円

社員による募金総額 1,873,810円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 1,873,810円

下記3地域の自治体の義援金窓口に贈呈しました。
宮城県丸森町「丸森町災害義援金」、福島県本宮市「本宮市台風19号災害義援金」、千葉県富津市「災害復旧費寄附金」 

2018年 平成30年豪雨災害 支援 総額 25,984,846円

社員による募金総額 12,992,423円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 12,992,423円

「ももたろう基金」「広島県社会福祉協議会」「愛媛県社会福祉協議会」「ジョイセフ」に贈呈しました。

2017年 九州豪雨災害 支援 総額 12,663,338円

社員による募金総額 6,331,669円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 6,331,669円

被災地の心のケアと被災者の生活支援や再建のため 「福岡県朝倉市」「福岡県東峰村」「大分県日田市」および「難民を助ける会(AAR)」「NPO法人 ホスピタル・クラウンに贈呈しました。

2016年 熊本地震被害 熊本城災害復旧支援 総額4,122,488円

社員による募金総額 2,061,244円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 2,061,244円

熊本地震によって被害を受けた熊本城の修復再建のため「熊本市役所」に贈呈しました。

2015年 ネパール地震被災者支援 総額7,675,040円

社員による募金総額 3,837,520円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 3,837,520円

ネパール地震の復興支援に取り組む「野口健ヒマラヤ大震災基金」および「難民を助ける会(AAR)」に贈呈しました。

2015年 台風18号大雨被害 被災者支援 総額2,621,186円

社員による募金総額 1,310,593円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 1,310,593円

台風18号等の大雨災害によって多くの方が被災された「栃木県鹿沼市」および復興支援に取り組む「難民を助ける会(AAR)」に贈呈しました。

2014年 広島土砂災害被災者支援 総額5,453,776円

社員による募金総額 2,726,888円
当社からのマッチング(同額)寄付金額 2,726,888円

広島土砂災害の復興支援に取り組む「高校生災害復興支援ボランティア派遣隊」に300万円、中国新聞社会事業団に245万3,776円を贈呈しました。

2008年 岩手・宮城内陸地震救援金 総額1,436,240円

社員による募金総額 ¥718,120
当社からのマッチング(同額)寄付金額 ¥718,120

日本赤十字社岩手県支部に¥718,120、日本赤十字社宮城県支部に¥718,120をお送りしました。

  1. ※1「プルデンシャル財団 The Prudential Foundation」 プルデンシャル・ファイナンシャルが設立した独立した非営利の財団で、とくに就業支援、教育支援(主に、公教育の小学校レベル)、生活支援の分野で助成金を提供しています。
From 3 Cents A Week
週に3セントという、非常に安い掛金で始まったプルデンシャル・ファイナンシャルの歴史を紹介します。
プルデンシャルだから実現した
日本初のサービス
プルデンシャル生命が日本で初めて提供したサービスを紹介します。