お客さまに、一生忘れられない時間を提供したい 岡崎 まさみ コンサルティング・ライフプランナー お客さまに、一生忘れられない時間を提供したい 岡崎 まさみ コンサルティング・ライフプランナー

プロフィール

  • 岡山支社
    コンサルティング・ライフプランナー
    2009年入社
  • 広島大学 総合科学部卒
  • 前職:住宅メーカー 営業
  • 好きな言葉:今を楽しむ

大切な人の有事に駆けつけ、助けになれた

桜が満開になる時期は、”桜ウィーク”と称して家族や友人とお花見を楽しむために一週間アポイントを入れないことにしています。お客さまのアポイントがないということは、その週の売上はゼロ。フルコミッションで働くライフプランナーにとって、予定を空けておくのは怖いことです。ですが、季節の移ろいを感じたり、家族や友人と過ごす時間を削ってしまうと、一体何のために働いているのか分からなくなってしまいますから。

四国に住む叔父が亡くなったときのことです。入っていたアポイントをすべて延期させてもらい、私は叔母の家に一週間泊まり込みました。傷心の叔母のそばにいてあげたかったのと、葬儀後に発生するさまざまな手続きを、ライフプランナーである自分なら手伝うことができると思ったんですね。岡山から税理士や司法書士の手配をして、遺産相続をはじめとする手続きを一週間かけて行いました。

「親戚にお金のことを相談できるまさみちゃんがいてくれて本当にありがたい。まさみちゃんがいなかったら、あのまま途方に暮れていたわ」

しばらくして、叔母がそう言ってくれました。小さいころからとても可愛がってくれた叔母が一番大変な時に、寄り添うことができて本当によかった。その時間も、知識や人脈も、私がライフプランナーだったから差し出せたのです。

人生の優先順位に「家族」が加わった

20代は、仕事中心の生活でした。私は24歳からプルデンシャル生命の契約者だったので、そんな私の働きぶりを、担当のライフプランナーはよく知っていました。

結婚を機に、主人の保険を相談しようと自宅に来てもらった日のことは、一生忘れることができません。ちょっとした雑談から、担当のライフプランナーが主人の気遣いを褒めてくれたんです。「働いているお嫁さんがご主人の家族に歓迎されるのは、間にいる旦那さんがあなたのことを好意的に話してくれているからよ」って。これまで私はそんなこと考えたこともなかったんですね。このとき、当たり前だと思っていた日常が、実は主人の気遣いや思いやりに満ちあふれていることに初めて気がつきました。私がライフプランナーになったのは、そんな忘れられない時間を、今度は自分がお客さまに提供したいと思ったからなのです。

ライフプランナーになって、たくさんのお客さまにお会いし、お話を聴いてきました。お客さまに喜んでいただくうちに、ふと「私は自分の家族が何を望んでいるのか聴いていない」と気づいたんです。それ以来、両親や親戚がどんな想いを抱いているのか聞き出し、できることから実行しています。父の相続対策もその一つです。私がライフプランナーにならなかったら、父は誰にも相談しなかったはず。それ以来、人生の優先順位に「家族」という軸がしっかりできあがりました。

自分次第で、大切なお客さまと家族、そして自分のために時間を使うことができる。私にとってライフプランナーとは、人生を豊かに生きられる仕事です。