スタッフインタビュー
相手の「本当の望み」をくみ取り
どこにもなかった第三の案を提案する
前職
システム開発

金子 晃大

2014年入社
  • 営業システム開発チーム
  • 慶應義塾大学 商学部卒業
好きな言葉
彼も人なり、我も人なり
  • 所属はインタビュー当時。現在はDX推進チームに異動

ITに詳しくない現場と、ITのプロとの橋渡し役

ITには、人を驚かせる力があるんです。本当に欲しいものって、言語化できなかったり、自分でも気づいていないことがありますよね。「AとBとCが欲しい」と言う人に、「あなたが本当に欲しいものはDではないですか?」と第三の案を提案できるのがITの面白さ。そのためには、言葉の背景にある「本当の望み」をくみ取る力が必要です。

営業システム開発チームの仕事を一言で表すと、「ライフプランナーの日々の活動をIT技術でサポートする仕事」です。ライフプランナーを直接支援する営業サポート部門と、プログラムを書く開発担当者との間に立ち、必要なシステムの要件定義を行います。この要件定義こそ、「本当の望み」を形にする作業。解決すべき課題を明確にし、具体的にどんなシステムを導入するか決める工程です。その重要性を体感したのは、入社3年目に担当したある管理システムでした。紙とエクセルで管理していたデータを、WEBシステムに移行する大型案件。業務プロセスそのものを見直し、最も効率的な流れになるよう一新する開発は初めてでした。

導入にあたっては、まず優先順位の高い機能のみに絞ってリリースをしました。そして、今なお継続的に現場の要望をヒアリングし、追加開発を進めています。段階的に開発を行うことで、迅速なリリースと細やかな課題解決を両立しながら、現場の業務効率化に大きく貢献できたと自負しています。

当時、現場では、既存の運用に対する漠然とした危機感はあったものの、WEB化することへの期待値はそこまで高くなかったようです。しかし、リリースしてしばらく経ってから「あのときシステム化していなかったら、今ごろ業務は破綻していたと思う。ありがとう」と担当者からメッセージが届きました。本当に必要なものをつくれたんだと実感できて、うれしかったですね。

自分の軸となるスキルが欲しかった

もともと私は文系出身で、ITとは無縁の人生を送っていました。就職活動のときに「自分の軸となるスキルを身につけたい」と思い立ち、新卒でシステム開発の会社に入社しました。当時は売り手市場で、文系でもゼロからプログラミングを始めることができたんです。銀行や証券会社向けのシステム開発に携わり、株やFXといった、コンマ数秒でレートが動いていく世界でプログラミングを覚えていきました。

できることが増え、仕事が楽しくなってくるに従い、「結局自分は何のためにこのスキルを身につけようとしていたのだろう」と考えるようになりました。プログラムが書けるようになったとはいえ、文系出身の私のスキルは、会社全体で見たら下から数えた方が早いくらい。このまま技術を追求しても天井は見えていました。それよりも、困っていることに対してシステム的なアプローチで解決策を企画・提案する方が、自分に合っていると思いました。そんなとき、転職エージェントを通じてプルデンシャル生命の存在を知ったんです。ITの知識を生かせることに加えて、理念や共に働く人たちの温かさなど、仕事をする上で土台となる環境に魅力を感じて転職を決めました。

100の期待に150で応える

プルデンシャル生命は、お客さまと対面するライフプランナーを何より大切にする会社です。そのため、システム開発においてもライフプランナーが所属している支社での使い勝手がとことん重視されます。本社で検討したものをそのまま支社に展開するようなことはなく、いかに現場に合ったものをつくるかに注力する。まさに、私が望んでいた「提案」が求められる仕事です。

提案とは、依頼されたことをこなすのではなく、その背景にある「本当の望み」に応えること。これは「できる」「できない」の二元論ではなくて、「どれだけ深くできるか」という話。つまり、重要なのは知識や技術というより、仕事に対するスタンスだと思うんです。100期待されたことに150で応えようという意識を持ち続けること。今後、この力を磨いていくことで提案の幅が広がり、思ってもみなかった業務改善ができるかもしれません。まだまだできることはたくさんありそうです。

プルデンシャル生命は2017年に創業30周年を迎えた。30周年を機に、社員が改めて企業理念への理解を深め、プルデンシャル生命で働く意義を感じて欲しい。そのために、企業理念の浸透をミッションとするビジネスクオリティチームを事務局として発足したのが、「30周年プロジェクト」だ。
「30周年プロジェクト」では、ランナーとボランティア合わせて約900人の社員が参加した「東北・みやぎ復興マラソン2017」への協賛や記念CMの放映など、6つのプロジェクトが展開された。その1つである、ライフプランナーとお客さまとのエピソードを本人出演のもと映像化する「映像化プロジェクト」のリーダーを務めた金子さんと事務局の山下さんに、部署を超えて結成された約1年7ヶ月にわたるプロジェクトを振り返ってもらいました。

同僚 プロフィール
山下 真弓
  • 2009年入社 前職:不動産業 人事部門
  • ビジネスクオリティチーム マネージャー
好きな言葉
失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。

20代で30周年プロジェクトのリーダーに

山下
30周年プロジェクトだからこそ、これからの30年を担う若手社員がプロジェクトリーダーに推薦されることとなり、「映像化プロジェクト」のリーダーに任命されたのが金子さんでした。金子さんはたとえ困難に直面しても焦らず、動じず、「なるほど。じゃあ、どうやって対処しましょうか?」と、すぐに気持ちを切りかえることができる前向きな人。穏やかな人柄もあり、プロジェクトメンバーをいつも優しくリードしてくれました。
金子
システム開発は、予期せぬ難題が舞い込むことが結構あるので……。困難にぶつかっても立ち止まるのではなく、どうすれば前に進めるか考え押しつぶされないようにしようという意識は常に持つようにしています。
山下
金子さんのその前向きさがプロジェクトメンバーにも伝わったからこそ、楽しくチーム一丸となれたんじゃないかな?印象に残っているのが、リーダーになってすぐのミーティング。プロジェクトのタスクとスケジュールを整理して、やるべきことを固めてきてくれました。おかげでスムーズに進んだよね。みんなが気持ち良く仕事ができるように事前準備も万全で、プロジェクトの進め方が本当に上手だと思いました。
金子
僕より経験もキャリアも豊富な先輩方がメンバーに揃っていたので、この人たちとならいいものができると確信していました。ただ、段取りだけはリーダーの自分がやらないと回らない。なので、気をつけたのはそこだけです。スケジューリングはシステムの仕事にも通ずるところですからね。

「プルデンシャル生命らしさとは?」入社3年目の迷い

金子
ライフプランナーとお客さまとのエピソードを映像化するにあたり、エキストラも社員に出演してもらうことにして、社内オーディションを実施することに決めたじゃないですか。出演者選びは難しかったですね。どういう選考がいいんだろうとか、そもそもオーディションに応募してくれるだろうか、とか。
山下
このプロジェクトのゴールは、「創業からの30年間に起こったエピソードを映像化する」ことじゃなくて、エピソードを考える、エピソードを読んで選考する、その映像に出演する、完成した映像を観るというそれぞれの過程において、社員一人ひとりに「もう一度プルデンシャル生命で働くことへの意義を感じてもらう」こと。だからこそ、沢山の社員を巻き込みたかったし、そのためにどうやったら社員が参加してくれるのか、何度も真剣に議論したね。結果的にはエキストラも予想以上の応募があったよね。
金子
はい、安心しましたよ。映像づくりは細かな判断の連続でしたが、その判断のよりどころはやっぱり理念なんですよね。社歴の浅い自分が「プルデンシャル生命らしさ」をどこまで判断していいのか、最初はものすごく悩みました。でも山下さんは相談するたびに、「金子さんが『これが一番プルデンシャル生命らしい』と感じたことを選べばいいよ」と言い切ってくれましたよね。
山下
どうやったら「プルデンシャル生命らしさ」が伝わる映像になるか、本当に難しい課題だったね。でも、担当者である金子さんが誰よりも真剣に考え抜いた上で判断したことだから、信じて進めていいと思ったよ。
金子
自分なりの答えを大切にすればいいと思えたことは、この会社で働いていく上での自信になりました。完成した映像も、人によっては地味に感じるかもしれません。でも、プロジェクトの根底にあるのは理念の「継承」。過度な脚色や演出をせずに描こう、とチーム一丸となって判断できたのは良かったです。

年齢やキャリアは関係ない。「多様性を尊重する風土」

山下
当時20代だった金子さんがリーダーを務めたように、年齢やキャリアに関係なくチャンスが巡ってくるのがプルデンシャル生命の特徴だよね。ミーティングでも、全員に意見が求められるし。
金子
中途入社の社員が多いので、年次で人をとらえない文化が自然とできているのかもしれませんね。お互いにリスペクトした状態で仕事ができる土壌があるというか。
山下
そうだね。もっといい仕事をするために集まった仲間。だからこそみんなで意見を出し合って最適な解を見出したい。そんな多様性が尊重される風土があるね。
金子
本当にフラットですよね。企業理念って、ともするときれいごとに聞こえてしまうと思うんです。でも、プルデンシャル生命では社内でもごく普通のこととして話題に上るし、理念と真正面から向き合うこうしたプロジェクトもよくあること。いい会社だな、と思いますね。

他のインタビューもご覧ください

よくあるご質問

スタッフ採用について
人事チーム 採用担当
recruit@prudential.co.jp

〒100-0014 
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー

ドライデンカスタマーセンター 採用担当
recruit@csc.prudential.co.jp

〒981-3288 
宮城県仙台市泉区紫山2-1-5