スタッフインタビュー
期待されるほどかき立てられる。
責任と裁量がモチベーション
前職
大学病院 実験補助、銀行

原田 美穂

2016年入社
  • フィールドサービススタッフ
  • 山口大学大学院 農学研究科卒
好きな言葉
日々、感謝
  • 所属はインタビュー当時。現在は福岡第二支社に異動

入社2年目で新支社の立ち上げメンバーに抜擢

任されると、頑張っちゃうんです。入社2年目のとき、新支社の立ち上げに携わることになりました。それまで在籍していたのは、100名規模の伝統ある支社。管理職であるオフィス・マネージャーのもと、事務職のフィールドサービススタッフ(以下、FSS)も複数名いて、私はそのなかでも一番新人でした。新しい支社ではFSSは私一人。監査業務を含めて、今まで携わったことのない業務を担うことになりました。

FSSは、ライフプランナーを事務面でサポートする職種です。基本業務は大きく3つあります。ライフプランナーがお預かりした契約書類のチェックや受付といった保険の契約管理業務、イベントの企画やツールの作成など、支社を盛り上げモチベーションの維持に貢献する営業支援業務、そして支社のコンプライアンス推進業務です。コンプライアンス推進業務において、FSSは本来サポート役なのですが、異動後はオフィス・マネージャー不在のため、積極的に関わるようになりました。支社では毎月自主監査を行い、デスクやパソコン内のデータチェックを定期的に実施することで、コンプライアンス違反を防止しています。私は自主監査の結果を基に支社長と相談しながら重点的に取り組むべき課題を絞り込み、防止策を検討しています。

コンプライアンスは単なる法令遵守ではなく、「保険金を100%お届けする」というお客さまとのお約束を守ることにつながります。前職の銀行での経験からルールを守ることの重要性を実感しています。

ルールを守らなければ、それまで積み上げてきたお客様との信頼を失ってしまいます。そんなことにならないように、FSSとして何ができるかを考えながら業務を行っています。

家族のように助け合えることが魅力

新しい支社には、新人ライフプランナーを支社全体で育成、サポートしようとする風土があります。フルコミッションでありながら、まるで家族のように助け合えるのが、この支社の素敵なところです。その姿勢はFSSに対しても変わりません。ライフプランナーをサポートする立場でありながら、ライフプランナーと対等に認めてもらえる。自分が支社の一員であることを実感でき、何よりもうれしい気持ちになります。

そんな日ごろの感謝の気持ちを伝えようと、支社のライフプランナー全員に応援メッセージを書いたカードを渡しました。24名分書くので、途中で何を書くか迷う人が出てくるのではと思ったのですが、それが一度もなかったんです。「ああ、私はライフプランナーが大好きなんだな」と、あらためて実感した出来事でした。

FSSには年に数回、本社において集合研修があるのですが、先日の研修で支社長やオフィス・マネージャーからサプライズメッセージをいただきました。

その時に「ぜひオフィス・マネージャーを目指してほしい」と言っていただき、いつかその気持ちに応えたいと思いました。新しい挑戦には常に不安もありますが、期待されない方が寂しいですから。「あなたならできる」と信じてもらえることが、一番の原動力ですね。

入社2年目にして、新支社の立ち上げという重要な役割を任された原田さん。フィールドサービススタッフ(FSS)に必要な業界共通試験では、14科目中8科目で満点を獲得し、FSSの中でトップの成績を打ち出しました。一児の母でもある原田さんは、仕事や試験勉強を、家庭とどのように両立させているのでしょうか。時短勤務やパートタイムではなく、あえてフルタイムの正社員を選んだ理由とは?

午後6時からの原田家ルール

平日は、絶対に5時半に退社すると決めています。A5サイズの「何でもノート」にタスクを書き出し、定時に上がるためにやるべきことを逆算するんです。退社後は6時に息子を保育園まで迎えに行き、仕事後の夫と合流します。家族3人がそろったら、みんなで夕食の買い物をするのが原田家の日課です。以前は1週間分の献立を考えて買い出ししていたのですが、子どもが当日になって「今日はあれが食べたかった」と別のメニューを言い出すので、毎日その日に食べたいものを聞いて、一緒に買い物をして帰ることに決めました。今ではすっかり、我が家の触れ合いの時間になっています。

家のことを何でも一人でこなしているかというと、そうでもないんです。家事はもともと得意ではなくて、とりわけ試験の直前は、出来合いのお弁当を買って帰ることもあります。息子と夫が文句一つ言わずにお弁当を食べている姿を見ると、ありがたいなあと感じますね。夫の家はお母さんが看護師なので、彼はずっと働くお母さんの姿を見て育ったんです。だから私がフルタイムで働いていても、当然のこととして受け入れてくれるのかもしれません。3歳になる息子も応援してくれていて、寝かしつけるときに「お母ちゃん、もう勉強していいからね」と言われたときは驚きました。家族の理解とサポートのおかげで、仕事も家庭も笑顔を失わずに頑張れています。

30歳、「このままでいいのかな」

就職活動のとき、ちょうどリーマンショックだったんです。大学院でバイオケミストリーを学んでいたので本当は研究職に就きたかったのですが、求人はほとんどない状態でした。どうしようか悩んでいたら、銀行員だった父が「銀行の仕事は合うと思うよ」と。金融の世界に入ったきっかけは、父の勧めがあったからです。

結婚を機に銀行は退職したのですが、プルデンシャル生命の募集要項を見て、当時の記憶がよみがえりました。窓口でグループ会社であるプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険(PGF生命)の商品をご案内していたときに、プルデンシャル生命が1992年10月に日本で初めて提供した「リビング・ニーズ特約」というサービスの話題になったんです。「お客さまのためを思った制度を日本で初めてつくった会社なんです。素敵ですよね」と。
「あの会社で働けたらいいな、記念に受験してみよう」と思い応募しました。まさか受かるとは思っていなかったですね。

転職を考え始めたころ、私は30歳でした。周囲がどんどんキャリアアップしていく中、「私はこのままでいいのかな」と迷っていました。銀行を退職後、大学病院で実験補助の仕事をしていたのですが、パートタイムだったので任せてもらえる仕事には限りがありました。もっと責任ある仕事をしたい。そのために、もう一度正社員にチャレンジしよう――。自分の気持ちを確かめたら、自然と答えは出ていました。

中途半端なことはしたくない

入社してからは、実践と勉強の日々です。最初のころは試験勉強に没頭し過ぎて、テキストがゴミ箱に放り込まれていたことがありました。「もっと遊んでほしい」という息子のメッセージに心が痛みました。それが最近では、自宅で勉強していると、後ろから背中をぽんっとたたいて「頑張ってるね」と声をかけてくれるんです。3歳とは思えない、大人な反応ですよね。

息子も夫も、私がフルタイムで働いていることで、いろいろ我慢している部分はあると思うんです。だからこそ、仕事で中途半端なことはしたくない。やる以上は、試験勉強もきっちり結果を出したいと思います。仕事だけしていた独身時代は自分がうまくいくどうかが重要でしたが、今は息子や夫にどれだけ誇りに思ってもらえるかを第一に考えています。

私は「仕事で求められる私」と「家庭で求められる私」の両方を持っていたいんです。知識や経験を増やし、チームに貢献することで得られる喜びと、能力や結果を度外視した家族の信頼関係はまったく別のもの。両方あるから生活にメリハリがついて、満たされる。それを支えてくれる家族には、感謝しかありません。

他のインタビューもご覧ください

よくあるご質問

スタッフ採用について
人事チーム 採用担当
recruit@prudential.co.jp

〒100-0014 
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー

ドライデンカスタマーセンター 採用担当
recruit@csc.prudential.co.jp

〒981-3288 
宮城県仙台市泉区紫山2-1-5