ドライデンカスタマーセンター担当社員対談

もっとライフプランナーの
力になりたい。
仙台で実感した、保険と真摯に向き合う姿勢。
羽柴 賢
支払査定チーム
千田 葉澄
保険金事務チーム
田島 悠希
新契約事務チーム
  • 写真左から順に掲載

仙台にあるドライデンカスタマーセンターは、保険契約に関わる事務手続きを担うライフプランナーのバックオフィス的な存在。
この地で成長していくことの醍醐味とその先にある未来とは?
新卒入社でプルデンシャル生命の門戸を叩き、現在、先輩後輩の関係にある3名の若手社員に思う存分語り合ってもらいました。

田島 悠希
  • 2014年新卒入社
  • 新契約事務チーム
    (ドライデンカスタマーセンター担当)
  • 慶應義塾大学 商学部卒業
好きな言葉
人生を最高に旅せよ
  • 所属はインタビュー当時。現在は営業報酬チームに異動
羽柴 賢
  • 2017年新卒入社
  • 支払査定チーム
    (ドライデンカスタマーセンター担当)
  • 慶應義塾大学 経済学部卒業
好きな言葉
パッション
  • 所属はインタビュー当時。現在は営業報酬チームに異動
千田 葉澄
  • 2018年新卒入社
  • 保険金事務チーム
    (ドライデンカスタマーセンター担当)
  • 山形大学 地域教育文化学部卒業
好きな言葉
ありがとう

社員の「人間力」に惹かれて

羽柴
僕がこの会社に入社するきっかけを作ってくれたのは、実は田島さんなんですよ。
田島
え! そうなんですか?
羽柴
とある民間企業のいわゆる「就活塾」に通っていました。そこに、プルデンシャル生命の新卒社員代表として田島さんが登壇したんです。普通、そういうときって自社の良いところしか言わないものですよね。でも田島さんは、良いことだけでなく、実際に働いているからこそ見えてきた「ありのままの現実」を語ってくれました。それを聞いて、信頼できる会社だと感じたんです。
田島
そうだったんですね。あのときは入社してからギャップを感じたりしないよう、率直に話しました。
千田
田島さんの志望動機は何でしたか?
田島
僕は学生時代、「製品ありき」のメーカーではなく、「人間力」がその会社や仕事の価値を決める企業に興味がありました。それは漠然と、金融機関や商社なのかなと当時は思っていたんです。そんな流れでプルデンシャル生命を受けましたが、他社よりも圧倒的に長い時間をかけてじっくりと面接していただいたことで、個人的に合っているなと実感できました。千田さんは?
千田
私は学生のころ、「困っている人を助ける仕事がしたい」と、病院の管理栄養士を目指していたんです。でも就職活動を始めてからは、その視野をもう少し広げてみようと考えるようになりました。就職活動の際、様々な企業のインターンシップやセミナーに参加する中で、最も雰囲気が自分に合っていると感じたことと、お会いした社員の方々が入社の決め手でした。
羽柴
みんな、採用の過程で、プルデンシャル生命の「人」に惹きつけられたんですね。

入口から出口まで。 保険手続きを網羅する拠点で働く

田島
僕は入社して最初の4年間は、東京勤務でした。二人は最初から仙台勤務ですが、もともと配属を希望していましたか?
羽柴
僕は自分から手を挙げました。ドライデンカスタマーセンターは、保険の加入という「入口」から保険金のお支払いという「出口」まで、保険手続きのすべてをカバーする拠点ですよね。だから、保険の全体像を学ぶにはベストな環境だと思ったんです。
田島
なるほど。特に羽柴さんの所属する支払査定チームは、「出口」にあたる重要な業務を担っていますよね。
羽柴
お客さまへの保険金のお支払いは、まれにしか発生しないことだと思われがちですが、300万人のお客さまに対し、お亡くなりになる方が1日に10〜15件、入院は250~350件と、日々膨大な数の請求があるんです。病院の診断書や領収書などを元に支払い額を査定するのが、チームの役割。保険の真価が問われる重要な場面なので、ライフプランナーからの問い合わせも頻繁にありますね。
千田
私が所属する保険金事務チームは、保険金・給付金の支払い業務をしています。同じ支払い部門なので、羽柴さんのチームと関わりの深い部門です。保険の「入口」にあたる新契約事務チームはどうですか?
田島
僕のチームはお客さまの契約書類を確認して、内容に不備がないか、保険に加入いただけるかを精査するのが主な役割。羽柴さんと逆で、保険のいわゆる「入口」にあたる業務です。正直なところ、このチームに来てから、自分が保険会社で働いている実感が強くなりました。
千田
どういうことですか?
田島
以前の部門では保険契約の手続きに関わる仕事がほとんどなかったから、自分が保険会社で働いているという意識が強くありませんでした。けれど、このチームで毎日ライフプランナーと手続きのやり取りをする中で、彼らがどんな想いでお客さまと向き合っているのかが、ダイレクトに伝わるようになったんです。自然と、お客さまからお預かりした保険を取扱うことの重みを肌で感じるようになりましたね。

ドライデンカスタマーセンターは、 若手がぐんぐん伸びる場所

羽柴
ところで田島さん、仙台は東京本社とはまた雰囲気は違いますか?
田島
そうですね。ベースにある社風は変わらないけど、仙台にしかない特徴もあります。僕がこの会社に入社を決めた理由の一つに、「会社の規模に比べて社員の人数が少ないから、その分、若手でもいろいろな仕事を任せてもらえそう」というのがあったんですが、仙台では特にそれを感じますね。ここには、手を挙げればどんどんチャレンジさせてくれる空気があるので。
羽柴
本当にそうですね。年次に関わらず発言を受け入れてくれる風土があるし、疑問に感じたことは直談判できます。役員室のドアが開いているときは入室してOKという雰囲気もあるので、役職をまたいだコミュニケーションが取りやすいです。
千田
同感です。入社前から風通しの良い社風とは聞いていましたが、実際には想像以上で驚きました。また、アットホームな雰囲気で、横のつながりがあるのも仙台ならではですよね。
羽柴
フットサルやソフトボールなどサークル活動も盛んですよね。そうしたプライベートのつながりがあると、仕事でもチームをまたいだ連携が自然と生まれたりする。仙台には若手社員が多いこと、新卒社員はみんなこの土地に知り合いが少ないことから、自然と結束が強くなるんじゃないでしょうか。

お客さまにとって最高のサービスとは?

羽柴
実は昨年の8月から、トレーナーを任されるようになったんです。教わる立場から教える立場へと変わったことで、自分自身の働き方を見つめ直すきっかけにもなりました。
田島
入社時に思い描いていたことは、もうかないましたか?
羽柴
僕としては70点というところです。
田島
思ったより点数が低いですね。
羽柴
やる気次第で成長できる環境にあるのに、まだ自分に甘えているところがある気がして…。もっと自分を追い込んで、貪欲に成長していきたい。あと田島さんを見習って、余裕がないときでもどっしりと構えていられるようになりたいです。
田島
僕もまだまだだと思っています。今のチームでは、新しい保険商品のリリースに関わる仕事に携わっています。具体的には、その商品をリリース後に支障なく手続きができるようにするためのシステム要件や事務フローを考えることが私の役割です。経験が浅いことは言い訳にはならないから、分からないことがあっても臆せず周囲を巻き込んでいける人間になりたいですね。千田さんは、入社してからどんな変化がありましたか?
千田
私は、入社してから日々の業務をする中で、マニュアルに沿った案内ではなく、お客さま目線に立ち、それぞれのお客さまに最適なご案内をすることが大切だと感じるようになりました。私たちの部門では毎日何百件もの給付金請求書類を受け付けるため、ともするとただの事務作業になりがちです。けれど、ライフプランナーや先輩社員と会話を重ね、一緒に仕事をする中で、書類1枚1枚がお客さまとライフプランナーの想いが詰まった大切なものであると実感したんです。お客さまからの感謝の言葉をライフプランナーから伝え聞いたり、ライフプランナー自身から感謝の言葉をいただいたりすると、もっと頑張ろうという意欲が湧きますね。
羽柴
千田さんがすごいのは、効率を追求する一方で、「お客さまにとってこうあるべき」という本質的な視点も忘れないところ。僕にとってそんな千田さんは、自分の足りないところを教えてくれる尊敬すべき存在です。

保険業界をもっと良くしたい

羽柴
ところでみなさんは、自分自身が保険のお世話になったことはありますか? 僕は学生時代に事故に遭ったり、海外で病院にかかったりしましたが、そのあまりの煩雑さに請求手続きを諦めた経験があるんです。
千田
プルデンシャル生命の場合は、そうした面倒な手続きの際もライフプランナーがサポートしてくれますよね。
田島
そうですね。だけど請求手続き一つをとっても、保険業界ってまだまだ改善の余地はあると思います。
羽柴
そうなんですよ。だから僕は、ゆくゆくは会社全体の動きに関わるポジションに就いて、保険業界を変革していきたいんです。
千田
私は、ライフプランナーと日々接するうち、「もっと彼らのことを知りたい」という想いが募ってきました。特にもどかしいのは、約款上、どうしてもお支払いできない請求を受けたとき。ライフプランナーの悔しそうな様子を見ていると、「何とか力になれないか」といつも歯がゆく思うんです。いつか支社のオフィス・マネージャーやフィールドサービススタッフという立場から、今の部門で得た知識を彼らのために役立てられたらいいですね。
田島
二人とも、自分なりの道を模索し始めていますね。僕は、東京と仙台でまったく異なるキャリアを積むことができたので、このユニークな経験を生かして人を育てる仕事をしてみたい。「事業は人なり」とはよく言いますが、プルデンシャル生命ほどそれが当てはまる会社はほかにあまりないと思っています。ここで働く人の人間力がアップすれば、会社の魅力もいっそう増すに違いないと考えているんです。そんな未来を作るために、今できることはたくさんあるはず。ドライデンカスタマーセンターで、それぞれの理想に向かって互いに切磋琢磨していきましょう。

他のインタビューもご覧ください

よくあるご質問

スタッフ採用について
人事チーム 採用担当
recruit@prudential.co.jp

〒100-0014 
東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー

ドライデンカスタマーセンター 採用担当
recruit@csc.prudential.co.jp

〒981-3288 
宮城県仙台市泉区紫山2-1-5