生命保険の重要性を広く伝え、多くの人の幸せに貢献したい 中村 将幸 エグゼクティブ・ライフプランナー 生命保険の重要性を広く伝え、多くの人の幸せに貢献したい 中村 将幸 エグゼクティブ・ライフプランナー

プロフィール

  • 大阪第八支社
    エグゼクティブ・ライフプランナー
    1998年入社
  • 1968年生まれ 奈良大学 文学部卒
  • 前職:アパレル商社
  • 好きな言葉:礼節が人を作る

人の役に立つ仕事を求め
アパレル商社マンから転身を決意

プルデンシャル生命を初めて知ったのは、別の保険会社からヘッドハンティングの声がかかった時でした。採用担当者が「素晴らしい生命保険会社がある」と、競合他社であるプルデンシャル生命の名を口にしたのです。興味がわいた私は、早速プルデンシャル生命の電話番号を調べ、直接アポイントをとって訪問しました。ところが最初の面談で言われたのは「うちの会社は、なかなか入れないよ」という辛辣な言葉でした。ハードルを上げられたことで私は俄然やる気になり、ライフプランナーの仕事を理解するためのプログラムに参加しました。そこで「顧客の一人一人が経済的な保障と心の平和を得ることができるように、最高のサービスを提供することを使命とする」というプルデンシャル生命のミッションに惹かれました。当時の私もそうでしたが、多くの人は生命保険の意義や重要性を知らずにいます。それを伝え、広めて、お客さまに安心を届ける仕事は、もっと人の役に立ちたいと思っていた私にとって、最適な仕事だと思ったのです。その思いは実際に入社し、確信へと変わりました。

苦い経験から学んだ
お客さまの話を「傾聴」する大切さ

私たちライフプランナーは、お客さまが保険に加入するプロセスを大切にしなければなりません。生命保険の価値を理解し、納得してもらってこそ、お客さまの「経済的な保障と心の平和」が実現できるのです。

そのためには、まずお客さまの話を「傾聴」しなければいけません。昔はどうしても自分の価値観で話を推し進めてしまいがちでしたが、お客さまの状況を知って初めて、最適なプランが提案できます。こうした考えになったのは、入社4年目に経験した失敗がきっかけです。税理士さんのご紹介で、ある方のご自宅へ提案に伺ったときのこと。自分が薦めたい保険の提案に没入してしまって、「コーヒーでも、どうぞ」というお客さまの勧めにさえまったく耳を貸さず、自分が話すことばかりに集中していたのです。結局、契約には至らず、紹介してくださった税理士さんの顔をつぶすことに。それからは、言葉の裏にある、お客さまの思いや目的を聞き逃さず、捉えるよう努めています。私にとっては苦い経験ですが、今となっては大きな転機となりました。

人の幸せに貢献できることが
ライフプランナーの一番のやりがい

入社10年目に、ご契約者の皆さんにお誕生日に送っていたバースデーカードを止め、それに代わってバースデーコールを始めました。するとそれまで一方通行だったやりとりが、お客さまの現状を知ることのできる双方向のコミュニケーションになりました。日頃からお客さまとの接点が増え、今ではお客さまのお子さまからお手紙やメールまでいただくようになりました。ご両親にもなかなか話せないことを相談してもらえることに、よろこびを感じています。

自分以外の人をどれだけ幸せにできたかが、ライフプランナーにとってのやりがいです。「中村さんに出会えてよかった」という人をもっと増やしていきたい。そのためにも、お客さまに、生命保険の真の力をこれからも伝え続けていきたいと思います。