モチベーションよりプロ意識。やるべきことを、真面目に誠実に 三浦 一孝 エグゼクティブ・ライフプランナー モチベーションよりプロ意識。やるべきことを、真面目に誠実に 三浦 一孝 エグゼクティブ・ライフプランナー

プロフィール

  • 名古屋第二支社
    エグゼクティブ・ライフプランナー
    2002年入社
  • 関西大学 文学部卒
  • 前職:事務システムメーカー 営業
  • 好きな言葉:悠々自適

「趣味」を追求できる人生を
設計するため、
ライフプランナーに

大阪の下町育ち。小さなころから自然の中で過ごすのが大好きで、大学時代は自転車部に所属して、日本全国をキャンプツーリングしました。社会人になってからは、マウンテンバイクで凸凹の山道を駆け巡る「トレイルライド」に熱中していました。今でも月に数回出かけますが、まるでジェットコースターを自分で操縦するような面白さで、走り始めた途端、すべてを忘れて没頭しますね。また家族でキャンプにもよく出かけます。

ですので、前職でも、ライフプランナーになってからも、自然の中に出かける時間を生活において優先して考えてきました。15年前、ライフプランナーへの転職を決めたのも、この仕事なら趣味を追求する時間を創りながら仕事を組み立てられると思ったからです。

手探りで始めたアフターフォローが、
いつしか評判を呼ぶように

フルコミッションの営業職であるライフプランナーは、自分なりにお客さまのネットワークや仕事スタイルを確立する必要があります。僕も、転職して数年経って、生命保険のご契約時に2年後の訪問をお約束したり、バースデーカードや季節の便りをお送りしたりなど、お客さまへのアフターフォローをきちんと行う、自分なりのスタイルを作ってきました。

生命保険は定期的なメンテナンスが必要で、ご加入時は保障内容がお客さまの現状に合っていたとしても、時間の経過とともにお客さまを取り巻く環境は変化しますから、どうしてもズレが生じてしまうため、それを放置すると、お客さまの役に立てない保険になってしまうのです。アフターフォローを通して、保障内容と現状とにギャップがあるなら、それは丹念に埋めていきたいと考えています。気合いや勢いで仕事をするのではなく、きちんとするべきことをするべきタイミングに決めて行うのが、元々真面目でさぼらない性格の自分に向いていると思っています。

こういうスタイルに行きついたのは、ずっと「モチベーションで仕事をしたくない」と思ってきたこともあります。プロフェッショナルならば、気分に左右されることなく、いつでも高いクオリティのサービスを提供できるべき。だから僕は、モチベーションよりも「プロ意識」ということで、自分がするべきことをきちんとスケジューリングして、安定的に仕事を行う仕組みにしています。

仕事でもあり、生き方でもある。
その独特な立ち位置で誠心誠意ベストを尽くす

お寺のご住職をされているあるお客様が「僧侶という仕事は、公私をはっきり分けられる仕事ではない。時に夜も昼もなく、人の生き死にもかかわる。そもそも僧侶とは仕事なのかどうか。人生における役割なのか、生き方そのものなのか」と話しておられたのですが、ライフプランナーにもどこかそれと共通するものを感じます。

この仕事を始めるとき、ある友人から「三浦はお節介な性格じゃないから、保険の営業には向いてないよ」と言われたことがあります。確かに、自分の世界を大切にし、人とは適度な距離感をもって付き合うのが心地良い性格ではあります。公私は分けたいタイプですね。

ただし、そういう性格だからライフプランナーという仕事に向かないということはないと思っています。むしろ逆で、保険が必要とされる様々な局面、たとえば、ご契約者さまが亡くなられ、ご遺族に保険金をお届けするようなデリケートな場面に直面したときに、感情に押し流されるのではなく、ご遺族にしっかりと寄り添い、誠心誠意信頼に足る仕事を果たす。職業的使命感、職業的倫理観こそが後押しとなる仕事であり、真面目で誠実できちんと仕事を果たすという自分ならではお役に立てるという自負はあります。