関わる人たちが、人生を豊かに過ごせるきっかけづくりをお手伝いしたい 金井 稔 エグゼクティブ・ライフプランナー 関わる人たちが、人生を豊かに過ごせるきっかけづくりをお手伝いしたい 金井 稔 エグゼクティブ・ライフプランナー

プロフィール

  • 札幌第二支社
    エグゼクティブ・ライフプランナー
    2007年入社
  • 1973年生まれ 札幌学院大学 法学部卒
  • 前職:医療機器メーカー 営業
  • 好きな言葉:他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられる

仕事のために生きる人生から
自分のために生きる人生に

前職の営業では、他を顧みずに、売上だけを追い求めていました。当時最年少で課長に昇進。大阪、福岡と異動をしては、業績が低迷していた各営業所の再建に誇りを感じていました。札幌に家族を残し、単身赴任の生活が3年半ほど続いた頃、妻が札幌で甲状腺の手術を受けることに。この手術が、「家族の存在」を改めて考えるきっかけになりました。それからしばらくして、私たち家族の保険を担当してもらっているライフプランナーの青木さんにお誘いいただき、プルデンシャル生命のキャリア・インフォメーション・プログラムに参加。オーダーメイドの保険商品というプルデンシャルの考え方にも、担当者である青木さんの仕事に対する姿勢にも関心を持っていたこともあり、どんどん話に引き込まれていきました。何より、詳しく話を聞くうちに、30代のこれからは、「自分や家族のための人生にしよう」という思いが込み上げてきたのです。キャリア・インフォメーション・プログラムを終えて、「どうする?」と聞かれたときには、「やります!」と即答。その時は、もうこの仕事しか見ていませんでした。

お客さまのことだけ考えて、
伝えるべきことをしっかり伝える

「自分と未来は変えられても、自分以外の人と過去は変えられない」というのが、私の軸となる考え方です。お客さまに対しても同様で、最終的に決断するのはお客さま自身。お客さまにいかに考えるきっかけや、気づくきっかけを与えられるかがライフプランナーに求められることだと、私は思っています。そのために、お客さまのことだけを考えて、伝えるべきことは必ず言うようにしています。私自身、以前とは考え方が大きく変わりました。自分本位な売り込みをしていた入社当時のやり方では、お客さまとは長いお付き合いができません。私が最善だと思うご提案をした後は、お客さまにゆだねて全てを受け入れる、今のスタイルのほうが、お客さまとの距離も縮まり、厚い信頼を築けます。今ではモチベーションの浮き沈みもほとんどなく、ライフプランナーを楽しんでいます。

後輩たちが成長できる仕組みを作り上げたい

今年5月にはエグゼクティブ・ライフプランナーに昇格しました。今まで以上にお客さまとの良好な関係づくりを構築していくとともに、これまでできなかった後輩の育成にも取り組んでいきます。プルデンシャル生命には、エグゼクティブ・ライフプランナーの職位になると、同じ支社に所属する後輩のライフプランナーを育成する仕組み(マイスタープロジェクト)があります。育成の方法は自由。私の場合は、ライフプランナーとして働く目的を明確にして、自分の在り方を見つめ直すサポートをしていきたいと考えています。

私の最終目標は、生命保険業界の変革と業界への貢献です。しかし、一人の力には限界があります。だからこそ、この機会に将来にわたって後進が成長できる仕組みを作り上げてみたい。私はプルデンシャル生命の社風が好きなので、その中での役割を全うし、これまで培った考え方やノウハウを次世代にしっかり継承していきたいです。