信念と信頼を受け継ぐ、「親子ライフプランナー」という働き方 安藤 一佳 シニア・コンサルティング・ライフプランナー 安藤 知恵子 シニア・ライフプランナー 信念と信頼を受け継ぐ、「親子ライフプランナー」という働き方 安藤 一佳 シニア・コンサルティング・ライフプランナー 安藤 知恵子 シニア・ライフプランナー

安藤 一佳

  • 名古屋支社
    シニア・コンサルティング・ライフプランナー
    1990年入社
  • 1953年生まれ 名城大学 商学部卒
  • 前職:住宅デベロッパー 営業
  • 好きな言葉:習うより慣れろ

安藤 知恵子

  • 名古屋支社
    シニア・ライフプランナー
    2013年入社
  • 1988年生まれ 同志社大学 文化情報学部卒
  • 前職:テーマパーク運営会社 管理部門
  • 好きな言葉:幸福創造

キャリア20年以上を誇るベテラン ライフプランナーの安藤一佳さんと、異業種から転職した娘の安藤知恵子さん。「何年続けても学びが尽きない仕事。ルーチンが嫌いなお前に向いている」という父・一佳さんの言葉を受けてライフプランナーになった知恵子さんは、入社1年目から社内営業コンテンストに入賞。早速目覚ましい活躍を見せています。親子二代でライフプランナーとして働くお二人に、お互いの思いを伺いました。

きっかけは「親孝行になるのでは」という思い

―知恵子さんがライフプランナーの道を選んだきっかけを教えてください。

娘:新卒入社した会社で3年目を迎えようというころ、「もっと自分にできる仕事はないだろうか」と少しもやもやしていたんです。そんなとき、父に声を掛けられて。帰省するついでに話を聞きに来いと言われました。

父:三姉妹の中で、次女(知恵子さん)に一番素質があったんですよ。何しろ負けず嫌いでね。やるかどうかは本人が決めればいいとして、一度声を掛けようとは前々から思っていました。

娘:ちょうど定年を迎える年だったよね。60歳の誕生日が近づいていて、「何か親孝行しなくちゃ」と思っていたときでした。父は、高価なものを贈っても喜ばない人です。そんな父が、自分の仕事を紹介してくれた。これはもしかしたら親孝行になるかもしれないな、と考え始めました。

親子二代で働く、そのイメージは持っていた

娘:その後、支社長のお話を聞くうちに「ものすごく大事な仕事なんだ」と強く思うようになって。支社の女性ライフプランナーを紹介してもらえたことも大きかったです。会社にも営業という仕事に対してもどこか男性的なイメージを持っていたのですが、しなやかで女性らしいその方との出会いで、そんな先入観もすっかりなくなりました。

父:わざわざ名古屋に呼んだのは、この支社長の元なら娘は仕事に打ち込めるだろうという考えがあったから。加えて、もともと親子二代でのライフプランナーのイメージは持っていたんですよ。若いころ、アメリカにある親会社の表彰式で親子三代にわたって表彰台に上がった保険エージェントを見ましてね。直感的に「これだ」と思いました。その光景がずっと頭の片隅に残っていたんでしょうね。まあ、娘は実際に話を聞くまで、私がどんな仕事をしているか知らなかったと思いますけど。

娘:小さいころから、友だちのお父さんと違うな、とは思っていました。土日も仕事に出かけていくし、かと思えば朝は家でゆっくりしていて。

父:そんな朝早くから動く仕事じゃないからなあ。

娘:運動会なんて、普段着のお父さんたちがやる気満々で応援に来ている一方、うちは父不在が当たり前でした。ただ、休憩時間になると必ず仕事先から寄ってくれるんです。だから、父とはフェンス越しに話していました。それが寂しいというわけでもなくて、むしろ、私たち姉妹はスーツ姿の父を他のお父さんたちより格好いいと思っていましたね。

育てた娘を残すことが、会社への恩返し

娘:社会人になってから、ようやくお金を稼ぐということの大変さがわかってきて……。

父:昔はよくせがんでたもんなあ。「お父さん、卒業旅行に行くからよろしく!」って。

娘:本当にそんな感じでしたね。父はいつでもひょうひょうとしていて、汗水流して働いているという印象がなかったんです。それがいざ同じ仕事に就いてみると、「こんなにすごい仕事をしてたんだ!」と驚くばかりで。父の信念を受け継ぎたいと思う反面、父のような人間になれるのか、プレッシャーも大きいです。

父:親子でこの仕事をするのは、プルデンシャル生命の中で“安藤商店”を経営しているような感覚ですね。娘はその二番手であり、引き継ぎ相手です。個人商店として自立しながらも、プルデンシャル生命という看板があるからこそ、同じ看板を掲げる他の仲間に迷惑をかけちゃいかんという意識も働く。いい緊張感を保つことができていますよ。

娘:長年自分を育ててくれた会社に、今度は自分が育てた娘を残していく。これが父から会社にできる、最高の恩返しなんです。そんな義理堅いところも父らしいなあと思います。

父:自分のことだけを考えて行動するのは、生き様としてどうかと思うのでね。親子ライフプランナーという生き方は、私にとって人生の一大事業みたいなものですよ。