保険金などの代表的なお支払い事例

先進医療給付金をお支払いできない場合、お支払いする場合の例

お支払事由に該当しない場合、該当する場合の例をご紹介します。

※無解約返戻金型先進医療特約にご加入のお客さまのみ対象になります

お支払いできない場合

  • お受けになる医療技術がご契約時点で先進医療の対象であった場合でも、療養を受けた時点で公的医療保険制度の給付対象となっている場合や、承認取消などによって先進医療でなくなっている場合など、療養を受けた日時点において先進医療に該当していない場合
  • 厚生労働大臣により承認された医療機関以外で先進医療と同様の治療・手術を受けた場合

お支払いする場合

  • 療養を受けた日時点において、厚生労働大臣が定める先進医療の対象になっている場合

解説

  • 被保険者が受療した「先進医療の技術にかかわる費用の額」がお支払額となります。
  • 厚生労働大臣が定める先進医療の対象、厚生労働大臣により承認された医療機関については、厚生労働省ホームページにてご確認ください。

保険金などの代表的なお支払い事例一覧

具体的なお支払い事例をお調べいただける「支払基準のわかりやすい解説」をご用意しております。ご活用ください。

支払基準のわかりやすい解説