保険金などの代表的なお支払い事例

入院療養給付金をお支払いできない場合、お支払いする場合の例

お支払事由に該当しない場合、該当する場合の例をご紹介します。

※無解約返戻金型入院療養特約にご加入のお客さまのみ対象になります

お支払いできない場合

  • 自由診療による入院、労働者災害補償保険、自動車損害賠償責任保険および公的介護保険が適用された入院、正常な分娩(自然頭位分娩など)にともなう入院、差額ベッド代、食事療養費、交通費などの負担額、外来のみによる診療の場合

お支払いする場合

  • 傷病の治療を目的として、公的医療保険制度によって保険給付の対象となる入院を1日以上した場合

解説

  • 「傷病の治療を目的としない入院」とは、たとえば、美容上の処置、疾病を直接の原因としない不妊手術、治療処置をともなわない人間ドック検査などにより入院している場合をいいます。
  • 公的医療保険制度とは、つぎのいずれかの法律に基づく医療保険制度をいいます。
    1. 1健康保険法
    2. 2国民健康保険法
    3. 3国家公務員共済組合法
    4. 4地方公務員等共済組合法
    5. 5私立学校教職員共済法
    6. 6船員保険法
    7. 7高齢者の医療の確保に関する法律(平成20年3月31日までは老人保健法)

保険金などの代表的なお支払い事例一覧

具体的なお支払い事例をお調べいただける「支払基準のわかりやすい解説」をご用意しております。ご活用ください。

支払基準のわかりやすい解説