保険金などの代表的なお支払い事例

災害死亡保険金をお支払いできない場合、お支払いする場合の例

免責事由に該当する場合、該当しない場合の例をご紹介します。

お支払いできない場合

  1. 1被保険者が、危険であることを認識できる状況で高速道路を逆走して対向車と衝突し、死亡された場合。(被保険者の重大な過失)
  2. 2泥酔して道路上で寝込んでいるところを車にはねられて死亡された場合。(泥酔状態を原因とする事故)

お支払いする場合

  1. 1被保険者が居眠り運転をして路肩に衝突し、死亡された場合
  2. 2酒に酔っていたが、横断歩道を青信号で通常に歩行していて、走行してきた車にはねられて死亡された場合。

解説

ご契約により、災害死亡保険金・障害給付金をお支払いできない場合(免責事由)を定めており、そのいずれかに該当する場合には、災害死亡保険金・障害給付金はお支払いできません。一般的にお支払いできない例は、

  • 保険契約者、被保険者の故意または重大な過失による場合
  • 被保険者の精神障害または泥酔の状態を原因とする場合

などです。くわしくは約款をご覧下さい。

保険金などの代表的なお支払い事例一覧

具体的なお支払い事例をお調べいただける「支払基準のわかりやすい解説」をご用意しております。ご活用ください。

支払基準のわかりやすい解説