お客さまに、生命保険の魔法の力を。
スローガン

お客さまに、生命保険の魔法の力を。 そのお客さまは、まだ生命保険の真の力をご存知ありません。なぜなら、私たちライフプランナーに出会っていないからです。私たちにしかできない役割-それは大切な人のために、魔法の力を伝え続けることです。人々を助けるという生命保険の魔法の力、それには必ずや使命があるのです。

スローガンの趣旨

「プルデンシャル生命保険とはどういう会社なのかを、一言で言い表すもの」
「社員の想いを、ワンフレーズで伝えられるもの」

そんな言葉を全社員で作ろうという目的で作成されました。

「お客さまに、生命保険の魔法の力を。」

生命保険がもっている魔法とでも呼ぶべき力を、私たち生命保険会社の社員は十分知っています。でも多くの方々は、「生命保険が魔法?何をわけのわからないことを言っているんだ」そう思われるかもしれません。
だからこそ、生命保険のプロフェッショナルであるライフプランナーが、想いを込めて、丁寧にご説明して、はじめてご理解いただけるものなのだろうと、私たちは考えています。そして、その結果として生命保険に対するお客さまの見方・考え方が変わり、「魔法の力」に気付いていただけるのだと信じています。生命保険という商品とライフプランナー。この双方が揃って、はじめて生命保険はその真価を十分に発揮できるのではないでしょうか。

また、当社創業者である故・坂口陽史が信じていたこの「生命保険の魔法の力」という言葉と、そこに込められた想いを、もっともっと多くの方々に知っていただきたいという私たちの願いも込められています。

世の中には、「生命保険の魔法の力」をご存知ない方がまだ大勢いらっしゃることでしょう。

私たちは、これからも「生命保険の魔法の力」をお伝えし、皆さまにお届けしていきます。

創業者の思い

プルデンシャル生命の創業者、故・坂口陽史は、自らの人生を通じて強く感じた生命保険のすばらしさ、生命保険の魔法の力を訴え続けました。

プルデンシャル生命の創業者 故・坂口陽史 生命保険 それは私にとって単なるビジネスではありません。生命保険は私の中にあります。生命保険は私の心の中にあります。私は、生命保険がすべての人々に価値をもたらすということに対して、揺るぎない確信、いえ、信念を持っています。私は、私たちのしていることが正しいと信じています。生命保険がなければ、多くの家族が苦しい生活を送らなくてはならなくなるでしょう。多くの人が幸せではなくなってしまうでしょう。人を助けるという生命保険の魔法の力、それには必ずや使命があるのです。生命保険の魔法の力、私はこれを信じます。(1996年6月のスピーチより引用)